フリーター 正社員



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » フリーターから正社員へ » フリーターと正社員の違い

将来的に大きな差が出てくるフリーターと正社員

フリーターと正社員の様々な差

フリーター生活、確かに気は楽ですよね。
責任のある仕事ってそんなにないですし。

でも、25歳になり、26歳になり、27,28,29歳・・・と年を取るたびに将来的な事について考える事が増える方も多いと思います。

まさか40歳になってもフリーターで良い!
気楽に生活出来れば良い、という方少ないと思います。
(というか、このサイト自体を見ていないと思いますが・・・)

フリーターと正社員の違いについて考えてみたいと思います。

生涯賃金の差

よく言われるのが、

「フリーターと正社員の生涯賃金の差」

です。

データによって差がありますし、正社員として働き出す年齢、フリーターの時の時給などによって差はありますが、

正社員の生涯賃金 ・・・ 約2億円
フリーターの生涯賃金 ・・・ 約5,000万円

といったデータもあります。
生涯賃金が前後するとして、3~4倍程度は差があると考えて良いでしょう。

もはや老後が不安、といったレベルでは無く毎日が不安なのがフリーターといっても良いかと思います。 (若い間は本当にそんな不安って考えませんけれどね)

社会的信用度の違い

特にクレジットカードを作るときに差を痛感する方が多いそうです。

正社員はクレジットカードを作りやすいですが、フリーターは審査が通らない事が多いです。
住宅ローンも同様です。

国民年金、厚生年金の差。年金格差

国民年金、厚生年金の差もありますね。
厚生年金は企業が半分負担してくれますから、国民年金よりも受取額が大きくなることが多いです。

単純に国民年金の人の2倍以上の老齢年金を受け取ることが出来る方が多いでしょう。

退職金

フリーターは退職金がありません。

正社員は基本的に退職金が積み立てられている企業が多く、よほど退職時に業績が悪くなければ支給されます。

退職金は非常に金額的に大きいでしょう。

フリーターと正社員の差は大きい

何かと比較をしてみると、フリーターよりも正社員の方が有利、手厚いことは明確です。

特に結婚を意識されている方は、正社員になる事は相手方の親御さんへ挨拶にしにいくにしても、結婚後の生活を考えても大切な事と考えている方は多いと思います。

問題はどういった仕事に就くかではないでしょうか。

出来れば少しでもやりたい仕事に就きたい。
でも選びすぎると、就職が難しくなってしまいます。

未経験歓迎の正社員求人を中心に探されることが多くなると思いますが、情報をどれだけ得られるかが重要となってくると言えそうですね。

フリーターから正社員を目指して就職活動をされている方は当サイトでご紹介しているような就職サイト、フリーター就職支援サービスを活用してみてください。

とても便利と思います。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス