フリーター 面接対策



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » フリーターから正社員へ » フリーターから正社員 面接対策

採用の合否が決まる面接のポイント

面接は就職活動の最後の難関

就職活動をしている時に最後の難関があります。

それは面接です。

書類選考は毎回通過するが面接で落とされるという経験をお持ちの方も多くいるのではないでしょうか。

求人によっては書類選考ではなく面接のみで採用を決める企業も多くあります。

採用の合否が決まる面接ではどのような事に気を付ければよいのでしょうか?

ここではフリーターから正社員を目指している方へ面接の時のポイントをご紹介しています。

事前準備はしっかり

面接を受ける際にまず大切になるポイントは事前準備です。

この事前準備をする、しないでは結果も大きく変わってきます。

面接の時に面接官から受ける質問で最も多いのが志望動機です。

ですので、事前に志望動機をスムーズに言えるように対策をしとく事は必須になります。

志望動機は履歴書を作成する際に考えていると思いますので、履歴書で記述した内容に自分の言葉をプラスして答えるようにしましょう。

また、自己PRや自分の短所・長所についての質問も多いのでこういった事も事前に答えを準備しとく事をおすすめします。

面接を受けている企業に関する事も聞かれる可能性もありますのでどんな質問がきてもいいように企業についてもしっかり調べておきましょう。

しかし、あらかじめ志望動機や受ける質問の答えを暗記していてもいざ面接になると緊張して言葉が出てこない時があります。

もし、言葉がでなくなっても焦らず一呼吸おいて話すようにしましょう。

面接の時は誰もが緊張するものです。

ここで頭が真っ白になってしまい、パニックになってしまったら余計に言葉が出てこない可能性がありますので焦らず、落ち着く事を意識して面接に挑むようにしましょう。

面接官も緊張する事に関してはあまりマイナス評価はしないと聞きます。

礼儀・言葉使いは大切

他にも面接に挑む姿勢も大切なポイントになってきます。

服装、礼儀、姿勢、ハキハキ話しているか、話をする時や聞く時は面接官の目を見ているか、なども評価対象になる項目になります。

いくら素晴らしい人材、企業が求めている人材でも礼儀などがダメな場合、採用をもらう事は難しいと聞きます。

逆にその企業が求める人材ではなくても礼儀や言葉使いがしっかりしていればプラス評価に繋がると聞きます。

礼儀や言葉使いは社会人としての最低限のマナーでもあるので面接に挑む際には礼儀や言葉使いについてしっかり勉強をしてから面接に挑む事をおすすめします。

就職支援サービスで面接対策をする

就職支援サービスを利用する事で面接対策のサポート受ける事ができます。

礼儀作法や言葉使い、質問の答え方など、面接に役に立つ情報を収集する事ができるので断然有利に面接を受ける事ができます。

就職支援サービスには就職成功事例も多くあるので面接対策をしっかり行う事ができます。

就職支援サービスによってはコンサルタントが面接に同行してくれるサービスを実施している所もあるので面接が苦手な方でも正社員として採用をもらえる可能性もあります。

就職支援サービスの利用は無料ですので利用して損はありません。

様々な就職成功ノウハウを収集する事ができるので現在、フリーターから正社員を目指している方には是非、就職支援サービスを利用して就職活動を行なって頂きたいと思います。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス