正社員就職 年齢



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » フリーター就活 » 正社員就職のしやすさと年齢

正社員就職しやすさと年齢の関係

正社員就職は若い方が有利?

正社員就職のしやすさと年齢ですが、やはり若ければ若いほど良いでしょう。

40代で正社員未経験よりも30代が採用される確率が高いでしょうし、30代よりも20代後半、20代後半よりも20代前半の方が就活しやすくなりますね。

もちろん年齢に伴って経験を重ねていれば別です。30歳なら30歳の社会人経験、35歳なら35歳の業界経験を身に付けていれば、好条件で転職しやすいと言えます。

しかし社会人未経験、フリーターの就活を考えれば、年齢は若い方が有利です。特に大きな壁が30歳ではないでしょうか。

29歳と30歳の壁は、かつて19歳と20歳で感じた壁より厚いかもしれません。

二十歳の頃は、あっけなく大人になった、成人してしまった…と感じるものですが、30歳の壁はジワジワ訪れるんですよね

特に25歳を超えてから時間の流れが早くなりますから、気付けば27歳、28歳、29歳となり、三十路の足音が間近に迫ります。

そして30歳を超えれば、今まで採用されていたアルバイト面接も厳しくなりますよ

30歳を超えるとアルバイト面接も厳しくなります

私の自営業の友人(当時37歳)も、自営業が停滞していた頃にアルバイトを探していましたが、なかなか採用されずに悩んでいました。

学生時代は簡単に採用されたコンビニバイトでも、30代後半だと採用されない、形だけ面接を受けて終わり…というパターンが多かったようですね。

アルバイトさえ厳しいわけですから、正社員就職は更にハードルが上がりますし、年齢を重ねるほど困難になると考えて下さい。

そのため、就活は早ければ早い方が良いですね。

「春になったら就活しよう」

「年が明けたら正社員求人を探そう」

「まだフリーターを続ければ良いかな」

と考える方もいますが、今この瞬間に行動しなければ、どんどん時間は過ぎていきますよ。

今までの人生を振り返って下さい。瞬く間に時が流れませんでしたか?

そして気付けば…現在の年齢なんですよね。

「あと10年若ければ…せめて5年若ければ…」と言っている間も時間は過ぎていきます。

大切なのは、いつまでに正社員就職するかを定め、その目標に向かって全力で取り組むことですね。

そのための第一歩は就活支援サイトへの登録です。無料で利用できますし、フリーター求人に強い就職支援もありますから、ぜひ積極的に登録してみて下さい。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス