フリーター 社会保険



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » フリーターとお金 » フリーター 社会保険

フリーターと社会保険について

アルバイトでも社会保険に入れる?

フリーターとして働く際に気になるのが社会保険ですね。

社会保険=正社員のみ、と考えている方も多いですが、フリーターでも条件を満たせば社会保険に加入できます。その条件とは…

『1日または1週間の労働時間が正社員の4分の3以上、1ヶ月の労働日数が正社員の4分の3以上』

ですね。

要するに、アルバイトでも正社員並に働いていれば、社会保険に加入すると考えて下さい。

実際のところ、フリーターが社会保険に加入するケースは限られています。

労働保険、社会保険に関しては改正も多いので、今後どうなるかは分かりませんが、「フリーターは社会保険に入れなくてもいいはず」と考えている企業も多いんですよね。

社会保険労務士が積極的に関わり、指導を行っていれば別ですが、現実は、まだまだアルバイト生活者の社会保険加入は少ないです。

そのため、求人探しの段階で【アルバイトも社会保険加入あり】と記載されているかどうかがポイントになりますね。

フリーターでも社会保険加入の可能性あり

社会保険(健康保健&厚生年金)に入る方が、自分で国民年金を納めるよりも、保険料が安く済むことが多いです。しかし親の扶養に入っている場合、扶養家族から抜けるケースもあるので注意して下さい。

詳細は年金事務所に問い合わせたり、社労士やFPの友人知人がいれば相談すると良いでしょう。

大切なのは、「フリーターでも労働時間、労働日数によっては社会保険に入るケースがある」ということですね。

社会保険を望む場合は、最初から【社保加入ありの求人】を探し、望まない場合でも面接時に確認を行ってみて下さい。

特に労働時間が長く、労働日数も多いアルバイトですね。正社員に近い条件でバイトする場合は気を付けて下さい。

尚、雇用保険に関しては、

『週20時間以上の労働時間、1年以上引き続き雇用の見込みがある者』

が加入することになっています。

社会保険と同じく法改正の影響を受けやすい条件ではありますが、社会保険よりも加入しやすい現実がありますね。

普通にバイトすれば週20時間を超えるケースが多いと思いますし、雇用保険には扶養の概念がありませんから、加入する方が有利と言えますね。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス