20代フリーター 就職活動



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » 20代の就職活動 » 若いからという油断は禁物!

『20代はまだ若いから大丈夫!』という甘い考えは禁物

30代で後悔しないためにも20代の就職活動は大事

20代で就職活動をする際に注意しなければならない事があります。

それは『20代はまだ若いから大丈夫!』という油断です。

こういった気持ちで就職活動を行なっていると就職する事も難しく、就職できたとしても長続きしないですぐに辞めてしまう可能性も出てきます。

20代での就職活動は30代になった時に大きく影響してきます。

多くの企業では30代の方は中堅的なポジションになります。

バリバリ仕事をこなし、ビジネスマナーもしっかり身についている事が多いです。

しかし、20代の時に定着した仕事に就かず転職を何度も繰り返したり、フリーターのまま過ごしてしまうと同じ30代になった時に大きな差がついていることでしょう。

仕事のスキルやビジネスマナーのスキル以外にも年収でも大きな差がついてしまいます。

30代になった時に20代の時にもっとしっかりしとけばよかったと後悔しないためにも、20代での就職活動は『20代はまだ若いから大丈夫!』という気持ちを捨てて就職活動を行なう事をおすすめします。

20代の就職活動で大切になる事は将来的な事をしっかり考える

まず、20代の就職活動で大切になる事は将来的な事をしっかり考えるという事です。

求人を探す際にも安定している企業なのか、長期的に勤務する事ができる企業なのか、スキルアップができる企業なのか、という事も考えて求人探しをしなければなりません。

特に20代前半などの若い方や就職できずに焦っている方はこういった将来的な事を考える余裕がなく目先の事ばかりを考えて就職してしまいます。

求人に応募した企業の事を調べず、手当たり次第に求人に応募をして採用をもらえても実際働いてみたら想像していた仕事と違った、自分に合わない仕事だった、会社の業績がすぐに傾いてしまって解雇された、などの理由で長続きする可能性は低いと言えます。

なぜ将来的な事を考えて就職をする事が大事なのかというと、一般的な企業では10年、15年と勤続年数が長ければ長いほど重宝される傾向にあります。

また、勤続年数が長ければそれなりのポジションにもなり役職がつく場合もあり、収入も安定してきます。

例えば同じ30歳でも20代前半からその企業に就職している人と30歳近くになって同じ企業に就職した方では同じ30歳でも待遇は大きく変わってきます。

企業に就職する時間が何年間違うだけであっても大きな差がついてしまうのです。

ですので将来的な事をしっかり見据えて就職をする事は非常に大切になってきます。

現在、20代の方で就職活動を行なっている方は『20代はまだ若いから大丈夫!』『まだ20代だからすぐに就職できる!』という甘い考えは禁物です。

しっかり、将来的なビジョンを計画して就職活動を行なうようにしましょう。

就職支援サービスのコンサルタントからサポート受ける

現在では就職支援サービスでもコンサルタントからキャリア生計などの提案をもらう事ができます。

自分ひとりでキャリア生計を立てる事ができない方や自分一人で就職活動を行なうのが不安な方は就職支援サービスを利用する事をおすすめします。

就職支援サービスではフリーター向けの正社員求人も豊富にみる事ができますので自分ひとりで就職活動を行なうよりも有利に就職活動を行なう事ができます。

先ほども紹介しましたがコンサルタントもいますので就職活動をする際の心強い味方にもなってくれます。

現在、20代で正社員を目指して就職活動をしている方は就職支援サービスを利用して就職活動をする事も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス