フリーター就職 面接マナー



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » 就活ノウハウ » 面接マナー

面接時に重要になる面接マナ-

ビジネスマナーを重視している企業も多い

就活を行なう際、ビジネスマナーも必要になる事はご存知でしょうか。

特に面接の時にこのビジネスマナーがあるか、ないかでは採用の合否も大きく変わってくる事もあります。

フリーターの方は過去に職歴などがありませんからビジネスマナーを重視して見ている面接官もいるといいます。

ここでは面接時に身に付けておきたい面接マナーについてご紹介しています。

これから就活を始める方や現在、就活を行なっている方に参考にして頂きたいと思います。

身だしなみは社会人の最低限度のマナー

まず大切になる事は身だしなみです。

身だしなみがしっかり整っていなければ社会人としての常識を疑われる可能性もあります。

身だしなみを整える事は社会人としての最低限なマナーになり、面接時ではまず初めに見られる事になります。

面接時はスーツ着用する事が基本です。色も紺や黒を選ぶようにしましょう。

そして、髪形も清潔な印象を与える事ができるようにセットしましょう。

男性なら短髪の方が好印象を与える事ができます。女性ですと前髪が目にかからないように短くするか横に流し、ロングヘアーの場合は耳が出るように後ろでまとめるようにしましょう。

就活中には髪の毛の色も黒かくらい茶色にする事をおすすめします。過度に明るい色も社会人としての常識を疑われる場合があります。

職種によっては髪の色が自由な場合もありますが、就活を行なっている時は黒くして就活を行なう事をおすすめします。

また、アクセサリー類も結婚指輪意外は身に付ける事を控え、ネイルなども付けないようにしましょう。

面接官の印象を大きく変える表情

次は表情です。

表情はその人の人柄が大きく現れ、表情が与える印象は大きいです。

面接のときは表情次第では面接に良い印象を与える事ができる可能性があります。

面接では常に爽やかな表情を心がける事が大切です。

無表情や表情が暗かった場合、あなた自身の魅力が失われてしまう事もあります。

そして、話すときも面接官の目を見て話すようにしましょう。話を聞くときも話している方の目を見て話を聞くようにしましょう。

こういった話をする姿勢、聞く姿勢も面接時のマナーになる事です。

日頃から言葉遣いには気を付ける

そして最後に面接時に大切になってくる事は言葉遣いです。

面接時に言葉遣いを重視している企業も多くあります。特にお客様を相手にする企業の場合、言葉遣いには気を付けた方がいいでしょう。

現在、若い世代の中で流行っている言葉や略語、砕けた言葉を日頃から使っていては面接時にもその言葉でてしまう恐れがあります。

面接を控えている方は日頃から言葉遣いに気を付けて話すようにしましょう。

他にも間違った意味で使っている言葉がないのかもチェックしましょう。

言葉遣いも面接官に与える印象が大きいので言葉遣いには気を付けて面接に挑むようにしましょう。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス