バイトから正社員 志望動機



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » 就活ノウハウ » バイトから正社員 志望動機

バイトから正社員を目指す時の志望動機

志望動機を練り込んで面接に臨みましょう

バイトから正社員を目指す際、避けて通れないのが志望動機ですね。

履歴書に志望動機欄がありますし、面接でも必ずと言って良いほど聞かれるんですよね。

採用担当者も志望動機を重視しますし、説得力ある志望動機を作れるかどうかがポイントです。

そうは言っても、虚偽の志望動機は見抜かれますので、あなたの思いを素直に記して下さい。

もちろん常識というフィルターは通して下さいね。

「給料が良いから応募しました」

「実家の都合で働く必要があったので応募しました」

「なんとなく御社に興味を持ったので応募しました」

上記のような志望動機は常識外と言えます。

会社が正社員を雇用する際は、雇用後の雰囲気をイメージします。

あなたを雇って社内の雰囲気がどうなるか、スムーズに馴染んでもらえるかどうかを考えるんですよね。

特に社員数が少ない会社(30名以下)の場合、知識や経験よりも人柄重視で採用活動を行っているかもしれません。

もちろん人柄には仕事への情熱、やる気、素直さが含まれますよ。そのような要素を見抜く手掛かりが志望動機なんですよね。

アルバイト面接は履歴書持参も多いですが、正社員は最初に書類選考があり、その後に面接、という流れが基本です。

就職支援サービスの中には、書類選考なしでエントリーできるケースもありますが、それはその就職支援が企業から信頼されているからでしょう。

ビジネスマナー研修を受けたり、履歴書・職務経歴書の作成をサポートしてもらうことで、書類審査なしもありますが、基本的に選考があると思ってください。

たとえ書類選考なしでも、面接で志望動機は聞かれますしね。

良い志望動機を作るコツ

良い志望動機を作るコツは、相手の気持ちを考えることです。

先ほどお話ししたような志望動機(給料が良いから応募したなど)は、相手の気持ちを考えていませんよね。

企業の採用担当が重視するのは、その人材が活躍してくれるかどうか? です。

期待する役割を担ってもらえるかどうか? と言い換えても良いですね。

正社員未経験のフリーターを雇う場合、即戦力ではないかもしれません。

しかし育成後に戦力として活躍してもらえることを期待しますし、そのために仕事への情熱、素直さが必要になります。

志望動機から情熱が見えるかどうか、素直さが感じられるかどうか、その辺りを採用担当者は見ますので、客観的に通用する志望動機にして下さいね。

インターネットで探せば志望動機のサンプルは多数見つかりますが、それよりも相手の気持ちを考えながら、説得力ある内容にして頂ければと思います。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス