30代就職活動 有利



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » 30代の就職活動 » 30代で有利に就職活動をするには

30代の就職活動を有利にする方法

20代の方が就職活動は有利

30代に入ってから就職活動をする際、色々と不利になってしまう事があります。

まずは年齢です。20代と30代では企業に与える印象は大きく変わってきます。

30歳を過ぎてしまうともう若いとはいえないのが正直な所です。

一般的な企業では30代は中堅の立場になり、中には役職をもらっている方も多くいます。

やはり30代と比べると20代の方が就職活動は有利になります。

では30代で有利に就職活動をするにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは30歳に入ってからの就職活動についてご紹介しています。

現在、30代で就職活動を行なっている方に参考にして頂きたいと思います。

スキルや資格を身に付けてから就職活動を行なう

どうしても不利になりがちな30代の就職活動。30代・未経験で正社員として採用されるには難しいのが現状です。

30歳からでも応募できる求人も多くありますが、その求人に応募してくる方は20代の方も多く、20代と30代を天秤にかけられると30代は圧倒的に不利になってしまいます。

この不利な状況を覆すにはスキルを身に付ける事がもっとも近道になるのではないでしょうか。

就職をするためにバイトや派遣でスキルを身に付けてから再度就職活動を行なっている方も多くいます。

他にも資格を取得してから就職活動を行なっている30代の方もいます。

資格は自分のスキルをしっかり証明する事ができるので就職活動では役に立ってくれます。

一見、スキルを身に付ける事や資格を取得する事は遠回りのように思えますが、スキルを身に付けなければ有利に就職活動をする事はできません。

バイトや派遣でも半年から1年働けば未経験から経験ありになる事ができ、就職活動・求人探しの幅も広げる事ができます。

就職活動を有利に行う事ができるものはしっかり活用する

求職者やフリーターの就職を支援してくれる就職支援サービスを利用する事も就職活動を有利に行う際に大切になってきます。

就職支援サービスでは就職活動をサポートしてくれるコンサルタントがおり、様々なアドバイスをもらう事ができます。

キャリア成形の提案もしてくれるのでコンサルタントは30代からの就職活動の心強い味方になってくれます。

採用に有利になる志望動機や履歴書の作成や面接対策もサポートしてくれるので就職活動自体を有利に行う事ができます。

上記でご紹介してきたように30歳から就職活動を行なう時は20代の方と同じような就職活動をしていては不利になってしまう事が多いので、スキルや資格を取得する、就職支援サービスを利用する、など就職活動を有利に行う事ができるものはしっかり活用して就職活動を進める事をおすすめします。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス