40代 フリーター 就活



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法



フリーター就職|未経験からの逆転!正社員になる方法 TOPページ » 40代の就職活動 » 40代 フリーター 就活

40代の就活を有利に行うには

40代の就職は難しいのが現状

現在、40代で就活をしている方もいるのではないでしょうか。

キャリアアップや年収アップが目的で転職を図ろうとしたが、前職よりも待遇が悪い求人しか見つける事ができずに悩んでいる40代の方も多いと聞きます。

特に現在は就職難とも言われている時代ですので、40代の方はたとえキャリアアップや年収アップを図るためだと言っても転職をする事はおすすめする事はできません。

40代の方が転職に失敗してしまうと、就職するには難しいのが現状です。

転職をする場合はしっかりと計画を立て、慎重に転職をする事が必要になります。

40代というだけで就活は不利になってしまう

40代の方が就活をする際、まず大切になる事は20代、30代の方と同じような就職活動方法ではダメだという事です。

40代の方でも応募する事ができる求人は多くありますが、その求人に応募してくる人は20代、30代の方が大半です。

やはり、20代や30代の方と40代を比較すると企業側は若い年齢の方を採用してしまう傾向にあります。

企業が40代の中途採用者に求める事は即戦力になる人材、企業にとってプラスになる人材です。

前職でなにか役職がついていた、ずば抜けたスキルがある場合は採用される可能性もありますが、何も強みがない場合は採用をもらう事は難しいです。

このように40代というだけで就活は不利になってしまう傾向にあるので20代、30代とは違う就活をする事が必要になってきます。

自分のスキルを活かす事ができる職種を探す事が重要

40代にもなるとそれなりに社会経験もあり、今までに身に付けてきたスキルも多くあると思います。

仕事のスキルだけではなく、ビジネスマナーに関するスキルなどもしっかり身についていると思います。

40代の方が身に付けているスキルは20代や30代の方は身に付けていないスキルでもあります。

こうしたスキルを企業にアピールする事は大切になってきます。

そして、自分が身に付けているスキルで強みになるスキル、アピールする事ができるスキルをまずは探してみましょう。

40代になってしまうと20代、30代とは違い、この職種の仕事に興味があるから、この仕事が好きだからという考えでは就活はできません。

自分のスキルを活かす事ができる職種を探す事が重要になってきます。

履歴書や志望動機、職務経歴書の書き方にも注意が必要

履歴書や志望動機、職務経歴書の書き方にも注意が必要です。

履歴書や志望動機、職務経歴書は採用の合否の判断材料にもなるものです。

抽象的な履歴書や志望動機、職務経歴書ではなく、より具体的な履歴書や志望動機、職務経歴書を作成する事が必要です。

むしろ40代になってもまともな履歴書や志望動機、職務経歴書を作成できないと企業にも悪い印象を与えてしまう事になります。

履歴書や志望動機、職務経歴書を作成する際にはしっかり勉強して作成する事をおすすめします。

40代でも有利に就活を行なえるようにサポートしてくれる就職支援サービス

上記でご紹介してきたように40代の方が就活をする場合、不利になる事が多く、就活にもより力をいれていかなければなりません。

しかし、過去に就職活動や転職活動の経験がないため自分一人では就活をするには不安があるという方もいると思います。

そんな方におすすめできる事が就職支援サービスを利用する事です。

就職支援サービスは求職者やフリーターの方の就活を支援してくれるサービスになります。

ただ、正社員求人を豊富にみれるだけではないのかと思われている方もいると思いますが、就職支援サービスのキャリアコンサルタントがしっかり就活をサポートしてくれます。

就活に関する様々なアドバイスを受ける事ができ、相談や不安、悩み事にもしっかり応えてくれますので40代で就活を行なっている方の心強い味方になってくれます。

40代の方ですと不利になる事が多い就活も有利に就活を行なう事ができます。

実際に現在、40代で就活を行なっている方の利用者も多く、キャリアコンサルタントからも40代でも有利に就活を行なえるように的確なアドバイスを受ける事ができます。

履歴書や志望動機・職務経歴書の添削、面接対策のサポートも万全ですので40代からでも採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

現在、40代で就活・求人探しを行なっている方で就活を有利に行いという方には就職支援サービスを利用して就活を行なう事をおすすめします。

正社員を目指すフリーターにおすすめ就職支援サービス